お知らせ詳細

ページイメージ

論文が掲載されました


吉川祐司先生の論文が、Cace Reports in Ophthalmology に掲載されました。
Vitreous Noise on Optical Coherence Tomography as an Early Finding of
Brolucizumab-Related Intraocular Inflammation
ブロルシズマブは加齢黄斑変性の治療間隔を伸ばせる可能性のある新規薬剤です。
有効性が期待される一方で、眼内炎症という副作用に注意する必要があります。
眼内炎症が強くなると閉塞性血管障害を来たし非可逆的な視力低下を生じる事が
あるためより早期での眼内炎症のマネジメントが重要となっています。
我々は今回スリット所見や眼底検査では気がつかないような初期段階の眼内炎症を
OCTを用いて評価出来る可能性を報告しました。
注射前後のOCTを比較することが前提ですが、いままでOCTに写っていなかった
ノイズがOCT画像に混入したときにそれが眼内炎症細胞を反映している可能性が
あります。
OCTに映り込むノイズは様々あるのでOCTのノイズがすべて炎症をしさしている
わけではありませんが、OCTの画像の画質の変化も眼内炎症の早期発見のきっかけ
になることを示した報告になります。

PAGE TOP