お知らせ詳細

ページイメージ

論文が掲載されました


吉川祐司先生の論文が、Clinical Ophthalmology に掲載されました。
Examination of Age-Related Retinal Vascular Changes in the Macula Using Optical Coherence Tomography Angiography of the Eyes After Cataract Surgery
光干渉断層血管撮影(OCTアンギオグラフィー)は非侵襲的に網膜血管撮影を行えるため急速に普及してきました。多くの研究では血管シグナルの変化を、血管密度を用いて評価をおこなっていますが、血管密度は疾患だけではなく、加齢性変化や白内障などの影響も受けることが知られています。とくに白内障手術を行い人工レンズに置き換わるだけでも血管密度は改善するといわれており、今まで加齢性の変化で血管密度が低下するといわれていたことが真実なのか、単に白内障の影響を受けていただけなのか不明でした。
我々は白内障術後の目と健常者の目を比較する事で、白内障による影響を取り除いても網膜の血管密度は年齢とともに減少していくことが明らかとなりました。

PAGE TOP